CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
帰ってきた忍者!
ニンニン!

忍者でござる!

以前、“忍法・紙幣増刷の術”がこの国の法にふれるらしく、紺色の者からお叱りを受けてしまったでござる。

だが我が忍法はあれだけではござらん。


ん?
新たな我が忍法を見たいと申すか?

ふふふ…

良いでござる。

しかと見よ!


忍法!
硬貨誘い寄せの術!!


まず、ほどよい大きさの箱を用意するでござる!

そして上部に細い穴を華麗に開けるでござる!

下準備はこれだけでござる!

ニンニン!

その箱を持ち、目にも止まらぬ速さで人通りの多い駅前に行くでござる。

ここからが見せ場でござる。

適当な所に立ち、箱を胸の前に掲げ、呪文を唱えるでござる!

「恵まれない子供たちに愛の手を〜!募金お願いしま〜す!」

すると、人の良さそうな民衆が誘い込まれる様に箱にお金を入れていくでござる!

お金を入れていった民衆には

「ありがとうございま〜す!」

という呪文を唱えるとさらに成功率が上がるでござる!

これを繰り返すでござる〜!

ニンニン!




……え?

許可?
は?
駅前で忍法を使うことに許可がいるでござるか?

う〜む、この国は色々と面倒でござるな。

ほぇ?
何処の団体かと申すか?
せ、拙者は世を忍ぶ者!簡単に素性を明かす訳にはいかぬ!
ニンニン!

い、いや、ちょっと署までと言われても…拙者は忍者でござるから…、
あ…えっと……あの……、



いい夢見るでござる〜!







「はい…はい…、
すいません…、
はい…、
もうしません…。」



| 小芝居 | 13:46 | comments(2) | trackbacks(7) | -
ある雨の日
ザー…ザー…


こんにちは☆
今日はスゴい雨ねぇ。
でもアタシ、雨は結構好きよ。
水もしたたるいい女って言うじゃない?
アハハ!な〜んてね☆

あ、紹介が遅れたわね。

アタシ、ナメクジの高島彩よ。うふ☆

ナメクジってなんにも考えてなさそうに見えるでしょ?

でもねぇ…ナメクジにだって悩みくらいあるのよ。

殻のあるカタツムリと比較されて安っぽく見られることね。屈辱だわ。

ん、噂をすれば…

カタツムリの大塚が来たわ。

ちょっと!何しに来たのよ!

え?何?合コンやるから平井と中野呼んでくれ?

ふざけないでよ!殻があるからって調子にのり過ぎじゃない?

で、アンタと誰が来るのよ?

軽部!?ちょっ!ありえないんだけど!あたしらと釣り合わないじゃない!
もう!
…で?もう一人は?渡辺?違う?じゃぁ誰よ!?

はぁ?パンチ佐藤!?なんで佐藤がでてくんのよ!
何?見た目よりいい奴?知るかっての!

ペッペッ!

ナメクジもナメられたもんだわ、まったく!


………え?ドッキリ?
何これ?
カメラまわってるの?
やっ!
ちょっ!
ウソォ〜〜〜!
信じらんな〜い!
先に言ってよぉ〜!
あ、ほんとだ〜!
アナタの鼻の穴に鼻クソ式超小型カメラが仕込んであるじゃない!
もう!
彩びっくりぃ☆
きゃは☆


いい夢見てね☆











だから何だよコレ…。

| 小芝居 | 12:13 | comments(4) | trackbacks(10) | -
愛の波動

人里離れた山奥で、今日も修行に明け暮れる若者がいた。



「師匠!」

「なんじゃ?」

「私はまだまだ未熟者です!
波動拳が…
波動拳が打てないんです。」

「なんと愚かな…。
あれはゲームの技じゃ。現実には不可能じゃよ。」

「しかし…しかし!
私はあきらめきれません!
どうしても波動拳を身に付けたいんです!」

「…うむ。
ならばしかたあるまい。
お主には少々早いが、我が奥義を伝授してやろう。」

「!!…ありがとうございます!」

「己の持つ全ての力をケツに注ぐのじゃ」

「はい!!やってみます!」


んん〜〜〜……!!


ブッ。

「!!…師匠!!
出ました!何か波動のようなものが出ました!」

「そうじゃ!それこそが我が奥義、波動ケツじゃ!!」

「こ、これが…波動ケツ!!」

「今お主から出た“ブ”の音が“ヴ”に変われば完璧じゃ!
じゃが、その音を出せるようになるまでには、さらにさらに厳しい修行を積まなくてはならんぞ?ついてこれるか?」

「ハイ!!もちろんです!
師匠!!
だ〜い好き☆」

「ふははは!
弟子よォォ〜!!」



川嶋あいさんの曲を脳内で流しながら、弟子と師匠のラブロマンスを想像してください。



いい夢見ろよ!






なんじゃこりゃ。


| 小芝居 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
素敵な日々
20070502_249824.JPG

今日はいいお天気でポカポカ、暑いくらい。

みなさん、こんにちは。

こんないいお天気なんだから外に出なきゃもったいない☆と、春の陽気に誘われて、お散歩することに致しました!

お気に入りのハーブティを飲み干し、ちょっぴりオシャレして、いざ出発!


するとさっそくいいことが!

近所の公園に住み着く猫さんとお友達になっちゃいました〜☆

猫さん猫さん、
あなたのお名前なんて〜の?
なんちゃって(笑)

勝手に名前つけちゃおうかな。だってせっかくお友達になったのに、『猫さん』じゃなんか寂しい。
私だって『人間さん』って呼ばれるのは…ちょっとね(笑)。
アハハ♪

ほら、周りのお花も、おひさまもみんな笑ってるよ☆


というわけで、猫さんの名前は『ゲレゲレ』に大決定〜!!
パチパチパチ☆☆

これからもよろしくね!
ゲレゲレ☆


『ワン!』


あ!返事したよ!
どうやらゲレゲレ気に入ってくれたみたい♪

アハハハ☆



アハハ☆



ハハ…














なんだ、この嘘日記…。








ワン!って…




猫…







いい夢見ろよ…



| 小芝居 | 13:05 | comments(2) | trackbacks(5) | -
茶道世界大会決勝戦


私「な、なにぃぃ!!
奥義・我修院達也拳-萌の舞-がはじき返されただとぉ!!」


全日本茶道大会優勝者のこの俺の奥義を見切ったと言うのか!

マイケル・ジャクソニン…いったい何者だ!

マ「私は日本を愛している。日本語もこの通りペラペラだ。
いずれ日本人として帰化し、日本の地に骨を埋める覚悟でいる。
だからこそ、この大会で絶対勝たなければならない。
日本の心を極めし者としての証しを手に入れる為になぁぁ!!」

くっ!

凄まじい闘気だ!

マ「アンビリバブル・トレビアン・スクリュー・ティー・フレアァァァー!!!」

ゴォォォ!!

私「だが!!
負けはしない!!」

グググッ!!

マ「そんな!受け止めただと!」

バシッ!

私「へへ…、少しはやるようだが……それだけだ。伊達に24年神奈川に住んでるわけじゃねぇぜ。」


……なんとか受け止めたが、なんちゅう重い一撃だ…こんなもん何発も食らってられねぇぜ…。
しかも俺の-萌の舞-はもう通じない…

どうすれば…。


<目を閉じよ。そして奴の覇気を感じるのだ。そこに活路はある。>


こ、この声は!?
師匠!!
しかし、師匠は魚の骨が喉に刺さって自宅静養中のハズ!

テレパシーか!


……。


目を…閉じる…。




キラーン☆



見えた!!
これだ!!


私「奥義!真・我修院達也拳!明鏡止水中川翔子竜巻旋風波動昇龍長州小力(息継ぎ)水戸黄門江頭半裸五十歩百歩夜露死苦の舞ぃぃ〜〜!!!!」


ゴォォォ!!!


マ「こ、これは!!
グ…グアアアァァァ!!」


ズドォォン!!



…しばし沈黙。


マイケル・ジャクソニンはダウンしている!

私「や、やったか…。」


ここでルール補足!
ダウンさせられた時、10カウント以内に起き上がりつつ、さらにリング外に設置された簡易給湯所にてアツアツのお茶を200ml飲み干さなくてはならないのだ!!


10!


9!


8!

何ぃ!
マイケル立ち上がった!

7!

走って簡易給湯所に向かう!

6!

ライス米国務長官似のバニーガールからアツアツのお茶が手渡されて…

5!


それを…


4!


なんと一気飲みだ〜!!
熱くないのか!!
あの技を食らって、いったい何処にそんな体力があるというのか!


私「そ、そんな馬鹿な…。」


マ「…痺れたよ。素晴らしい技だった。
だが…。」


私「く、来るのか…。」


マ「私の勝ちだァァァ!!

スーパー・エレガント・ビューティー・コロシアム・ムーディ・カツヤマ・エターナル・アジアン・カンフー・ジェネレーション・(ブレス)ミトコンドリア・シャチョーサン・リア・ディゾン・エロガゾウ・ティー・フレアー・マキシマァァァム!!!!!」


私「ちっくしょ〜!!!やらせるかぁああ!!」

ずがしゃ〜〜ん!!



つづく!!


《次回予告》

圧倒的な強さでお茶を飲み干すマイケル・ジャクソニン。奴に弱点など存在するのか!
一方その頃、山菜採りが趣味の亜居宇恵雄はバイト先で知り合った加鬼久毛子と何やら大人の関係に!阪神ファンの彼女に自分が巨人ファンだと打ち明けるタイミングを探している宇恵雄の明日はどっちだ!

第84話
『えなり君の盆栽を壊したのはお前か!』

絶対観てくれよな!

いい夢見ろよ!



| 小芝居 | 10:39 | comments(2) | trackbacks(13) | -
きっとカット
20070423_245046.JPG
キットカットの新しい味。

ちょっとお酒が入っているやつです。


パッケージ裏にこう書いてあります。


●アルコール使用量1.0%。
お子様やお酒の弱い方はご遠慮ください。
車を運転される方はご注意ください。


と。


文章をそのまま受け取れば、
子供とお酒弱い人は食べちゃダメだけど、車を運転する人は注意すれば食べていいんだよね?


て、ことは…




アタシ千代子21歳!チョコ大好きピチピチの女子大生☆
免許とりたてだけどパパの車をちょっぴり借りて近所のコンビニまでドライブよ!

う〜ん☆コンビニって色々あるわね〜…
あ、キットカットの新しい味!
20個ぐらいあるけど買い占めちゃえ〜☆


さ、か〜えろ。
そうだ、車の中で今買ったキットカットたべちゃお〜っと!

サクッサクッ…

おいしいよぅ!
食べ始めたら止まんな〜い☆


……、


全部食べちゃった、てへっ☆
これは明日からダイエットだね(笑)

よ〜し、チョコパワー充電完了☆
帰るわよ!



ん?

警察?

え、そこに息吹きかけてみろって?


ふ〜。


…は?ちょっと来い?
なんでなんで?

お酒?
飲んでない飲んでない!
チョコ食べただけ!
アルコールの反応?
え〜!!
だって!だって!
書いてあるように注意したわよ!
し〜た〜わ〜よ!
明日からダイエットするから!
す〜る〜か〜ら!



…………。




って、

注意しつつ泣いて謝れば許してくれんのかな。


いい夢見ろよ。

| 小芝居 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(2) | -
我は忍者!
ござるござる忍者でござる〜!



忍法!紙幣増刷の術!



まず一万円札を用意するでござる!

そして目にも止まらぬ速さでコンビニへ行くでござる!

コピー機に一万円札を置くでござる!

華麗に硬貨を投入するでござる!

画面の指示に従って操作するでござる!

すると…

眩い光とともに一万円札が印刷されたB4の紙が出てくるでござる!

ニンニン!

店員さんにハサミを借りるでござる!

「あ、すいません、ハサミ貸して下さい…。」

で、きれいに印刷された型の通りに切れば…

一万円札でござる〜!!


あ、ああああぁ!!

片面しか印刷されてないでござる!

我が忍法、まだまだ未熟!

修行修行また修行でござる!

ニンニン!



「…え?

ちょっと署まで?

いやいや、これから…修行…に…いきたいなぁ…なんて…

……ね?」





いい夢見るでござる!!

ニンニン!!





「……はい、…はい、

…すいません。

…はい、

もうしません。

…すいません。」



| 小芝居 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
稽古中
20070410_236768.JPG

はぁぁ!!!



てりゃ!!!



ふん!!



ていっ!!



ほっ!!



はっ!!



そりゃ!!



たぁ!!



せい!!



くぁ!!



ぬお!!!



うらぁ!!



んなぁ!!



えぇい!!



とおぅ!!



ほぉ!!



るぁ!!



せやぁ!!!



のぉぉ!!



がぁぁ!!



はいぃぃや!!



むがぁぁ!!



むちゅぅぅ!!



るぅぅぅ!!



ぉおしばぁぁ!!



ぉおぉん!!



どぅあぁぁん!!



くぁぁああ!!!



ぎゅぅぅ!!



どぅおおぉん!!



いぃぃっっ!!



ぷわぁぁあいい!!



さぁぁん!!



びゃあああく!!



ぐおぉじゅぅぅ!!



えええぇ〜ん!!



ゆぅぅぅ!!!



ずぅぅぅ!!!



ふぅぉおお!!!



しぃぬぉぉぉお!!



ぅあきぃぃぃ!!!



みぃぃぃ!!!



すぅおおおぉぉ!!



じぃぃぃぃ!!!



ぐぅわぁああん!!



ぶあああぁああ!!



るぅぅええぇぇ!!





……はぁはぁはぁ…。


おや?

いつからそこにいたのですか?


いやいやいや、見られてしまいましたね。

稽古中の撮影はご遠慮下さい。



え?

なんの稽古だって?

見りゃわかるでしょ、

茶道ですよ。


もう少しで、奥義・“我修院達也拳〜萌の舞〜”を習得できそうなんですがね。


今年の全日本茶道大会の金メダルは私がいただきますよ。

では、稽古の続きがありますので…。


いい夢を見せてあげますよ。



ふふふ…。


いいぃ!!



のぉぉ!!



きぃぃ!!



| 小芝居 | 08:49 | comments(0) | trackbacks(1) | -
終業ストーリー

「起立!礼!」

「おはようございます!」


「よ〜し!今日でこの2年1組のみんなとも少しの間お別れだ。春休みウカれて遊び過ぎるんじゃないぞ〜、休み明けたらおまえら受験生なんだからな〜…って、
……どーした?相川〜。顔色悪いぞ?拾い食いでもして腹くだったか?」


「先生!相川君に優しくしてあげてください!
今日はあの日なんです!」

「あの日?あの日ってなんだ?女子じゃあるまいし。」

「いやー!先生セクハラ〜☆」

「サイテ〜!」

「ハイハイ、女子は黙ってて!
相川、あの日ってなんだ?先生に言ってみろ。」


「……。」

「相川?」

「…先生が…

メンズエステのTBCに初めて行った日から…
1周年です。」

「……。
なんで知ってんだ?」

「イヤ〜☆TBCだって〜!先生モテたいんだ〜!てかマジウケるんですけど〜!」

「うっせ!坂本!黙ってろ!
俺は相川にきいてんだ!」

「…偶然見ちゃったんです。ウキウキ顔でTBCに入店する姿を…。」

「べ…別にいいじゃないか、俺だって男を磨きたかったんだ。」


「僕はあのワイルドな感じの先生が好きだったんです!」

「んあ?」

「ワイルドってかオッサンじゃぁん☆」

「坂本!お前、うっせー!
相川…先生は生まれ変わったんだ。ワイルドから卒業したんだ。」

「ジャニーズの山下君に自分を重ねてる先生なんて先生じゃない!
僕は…僕はあの頃の先生を愛していたんです!
本気で愛していたんです!」


「…相川…、お前男だろ。」

「!!」

「先生!それは禁句です!
相川君は純粋なんです!
純粋に乙女なんです!
本気なんです!

先生!
相川君に謝ってください!
相川君に謝ってください!」

「謝ってくださ〜い。」

「謝ってくださ〜い。」


「てめぇら!黙れ!
……ったく、わかったよ。

相川…


スマン!!

…………あ。」

「ヅラだー!
ヅラだ〜!
頭下げたらヅラが落ちた〜!」

「ああぁ!黙れ!黙れ!
ああそうだよ!ヅラだよ!悪いかよ!あ、相川!どこ行くんだ!待て!」

「先生だ〜い好き☆」

「おわ!さ、坂本?っておいおいおい!抱きつくなって!セクハラとか言ってたくせに。」

「カ・ツ・ラ☆チョ〜似合ってる〜♪
アタシ、ヅラフェチなの☆」




「…なんだこのクラス…。」








| 小芝居 | 17:38 | comments(2) | trackbacks(1) | -
恋の始まり
20070221_209033.JPG
「何見てんだよ。」

あ、すみません。
たまたま通りがかっただけです。

「…お前、名前はなんて言うんだ?」

よこやんです。

「あん?なめてんのか。
そりゃ〜あだ名だろ、名前訊かれてあだ名で答えるか?フツー。
…まぁいい、言えない事情があるんだろう。」

すみません。

「ああ。
で、"よこやん"とやら。
お前は何故ここを…俺の前を通った?」

え、いえ…何故って…、ただ買い物しようとして通りがかっただけですけど…。

「本当にそれだけか?」

えぇ、まぁ。

「嘘つけ!」

は?

「照れんなよ…。」

な、なにがですか?

「気付いているぜ。
お前の胸の鼓動。
溢れる感情の高なり。

そう…俺への淡い恋心!」

いや、あなた猫じゃないですか。

「わかるぜ、わかるぜ!
ホントの気持ちを隠して、好きな人にはつい素っ気ない態度をとっちゃうんだよな?」

人間同士ならそういう人もいますけど…
あなた猫でしょ?

「お前アレだろ?
アキバ系の中で今話題の…
…ツンデレ!
そうそうツンデレってやつだろ?」

私、そういう属性じゃないです。
最初から甘えられたいです。
今の私の世界はツンドラ気候です。
寒いです。

「ほ〜ぅ、俺に暖めてほしいってか?」


貴様の存在が俺の世界を凍結させるんじゃぁぁ〜!!

「あ〜ん☆待ってぇん☆
私を愛してぇん☆」

キャラ変わっとるわ!
猫は無理!
女子大生と付き合いたいわ!!
…できれば女子高生と…
ってコラァァァ!

「…いい夢見ろよ…。」

てめ、猫!
なに同情してんだよ!
| 小芝居 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
<< | 2/3PAGES | >>