CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
水野さんと水野さんと水野くん 第10話
080610_0202~0001.jpg
風「美琴〜、ちょっち頭をやわらかくして聞いてほしいんだけどさ…。」

美「すでにイヤな予感がしてるんだけど…何?」

風「『テニスの王子様』のDVDを買おうか迷ってんだよね。」

美「アニメ?買えば?別に私は止めないけど…。」

風「あ〜いやいや、アニメじゃないんだ、実写なんだよね。」

美「映画?…どっちにしても止めないけど。」

風「うーん…広い意味で言えば映画なんだけど…。美琴が想像してる『テニスの王子様』とは全く別物の…アダルトビデオなんだよね。」

美「まぁ〜たぁ〜!!!知らないよ!そんなの!!どうせお姉ちゃんのことだから男同士のやつなんでしょ!!」

風「おっ、わかってるねぇ〜。さすが我が妹、話が早い。」

美「ああー!!もぅ!!勝手に買えばいいじゃない!」

風「いや、それがさ…、10,500円もするんだよね」

美「高っ。」

風「でしょ?…だからさ…3,000円…いや!2,000円でいい!二人で協力しあって買おう!所有権はアンタでいいから!」

美「いいわけないでしょ!!そんな自ら負の遺産を作るようなこと!!」

風「あ、モザイクはちゃんとかかってるから初心者でも大丈夫だよ。」

美「モザイクの有無とかそんな心配してるわけじゃないって!お金出してまで男同士の絡みなんか観たくないって言ってるの!!」

風「女同士は?」

美「同じだって!!」

風「やっぱ男女か。」

美「……。」

風(……ん?)

美「…興味は…ある…。」

風「……アンタ…素直だね…。なんつーか…ごめんね。よく考えたらアンタ18歳未満だしね…。悪かったよ。」



一方その頃、想太は偶然二人の会話を聞いてしまっていた。


想(…ん!?姉ちゃん今“モザイク”って言わなかったか!?何?何?モザイクがどうしたの!!?くそ、よく聞こえない!何だよ!超気になる!!ああぁー!!)




第10話 完



| 水野さんと水野さんと水野くん | 12:27 | comments(3) | trackbacks(24) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第9話
080509_1848~0001.jpg
風「何やってんの?」

美「ん〜、絵をね…写メって智ちゃんにメールで送ろうと思ってね〜。」

風「智ちゃんって…この前ウチに来た子か。ふ〜ん…どれどれ…………????……」

美「…よーし、OK!」

風「おっけぇ!?…このクオリティにOKが出せるのか…。」

美「何?」

風「いや…えっと…これは本気で描いたの?」

美「???手抜きした絵をわざわざ友達に送りつけないよ?」

風「そう…だね。そっかそっか。…えぇ…コレが智ちゃんで…多分コッチは〇〇〇…、…首…輪…?どういう構図なんだ…?字は普通なのに。」

美「んん〜!何ぶつぶつ言ってんの。そりゃ確かに絵はうまくないけどさ。漫画家さんじゃないんだし。」

風「いや、ある意味画伯だな。うん、そうだよ。変な“命を大事に”キャラやめて画伯キャラになりなよ。」

美「えぇ??どういう意味?」

風「大丈夫!素質あるから!」

美「なんかイヤミに聞こえる〜。んん〜!じゃあさ!じゃあさ!お姉ちゃん絵描いてみてよ!」

風「おぃおぃおぃ…伊達に腐女子やってないよ私は。待ってな、先週描いたやつ見せるから。
………あった、……ほい。」

美「どれどれ…!!!!キャ!!!!!ちょちょちょッ!!!!!モザイクモザイク!!モザイクかけて!!!!18禁18禁!!!!」

風「…アンタよりはうまいでしょ?」

美「わかったから!!認めるから!!男同士の絡みなんて見せないで!!というよりそんなもの家族に見せられる神経がわからない!!」

風「それが腐女子クオリティだよ、美琴くん。」

美「そのDNAが私にも流れてるんだね…。」



第9話 完



| 水野さんと水野さんと水野くん | 06:00 | comments(2) | trackbacks(3) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第8話
080409_0315~0001.jpg
私、美琴!!
命を大事にする高校生!!
だからお肉もお魚も食べません!!
他の家族とは別メニューで精進料理しか食べません!!
もちろん自分の分の食事は自分で調理します!!
全然つらくなんかありません!!


風「アンタがそのキャラ設定になったのっていつからだっけ?」

美「中二の頃だから、もうすぐ2年になるね。テレビで発展途上国の現状を知って、何かを感じたの。」

風「…その話は何度も聞いてるけど…、頑張るところを間違えてる気がするんだよね。
まぁ、つまり2年前まではモリモリ食べてたわけじゃん?」

美「……何が言いたいの?」

風「焼き肉とかがウマー(゜∀゜)なことは知ってるわけだ。」

美「………否定はしない。」

風「ぶっちゃけ後悔してない?」

美「……牛さんや豚さんや魚さんが苦しむ姿を想像したらとても食べられないよ!」

風「アタシはそこに矛盾を感じるんだよね。
精進料理に使われる野菜だって、パッと見りゃ動いてないように見えるけど、大地に根を張って立派に生きてんじゃん。
アンタもその点に気づいてないわけじゃないでしょ?」

美「………。」

風「どうよ?」

美「私は…どうすればいいんでしょうか…。」

風「うん、その無茶なキャラ設定を変えてくれるよう神様にお願いすればいいと思うよ。」



第8話 完


| 水野さんと水野さんと水野くん | 09:55 | comments(3) | trackbacks(2) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第7話
080415_1315~0001-0001.jpg
《とある日曜日の昼、両親は出かけており、昼食を姉弟3人で用意することになった。》


風「お腹すいただ〜よ〜。」

想「昼飯どうするよ。」

風「なんか買ってきてよー。」

想「俺ぇ〜?…仮に買ってくるとしても何がいいのさ?」

風「う〜ん。この世のものとは思えない美味しいもの。」

想「わかんねえよ。」

風「…アンタにとって“この世のものとは思えない美味しいもの”って何?」

想「…え……そう…だなぁ……うーん……んん〜………………。」

風「今、“女体盛り”思い浮かべたでしょ?」

想「!!!!!!えっ!?…なんで…え……。」

風「………?」

想「¥$@&%#!!!!!」

ダダダッ!

バタン!

風「…行っちゃった…。

冗談だったんだけど……まさか図星とは…。」


美「あれ?想太は?出かけちゃった?」

風「うん、たぶん自分探しをしに行ったんだと思うよ。」

美「???」



第7話 完


| 水野さんと水野さんと水野くん | 13:19 | comments(7) | trackbacks(2) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第6話
080414_1236~0001-0001.jpg
《部活を終えて帰宅した想太。そんな彼を待っていたのは…》

想「ただいまー。」

風「おかえり〜。」

想「あれ?今日大学休講だっけ?」

風「うん、3限が急遽休講になったから授業は午前中で終わったの。
…今のダジャレじゃないからね。」

想「ふーん。」

風「あ、そうだ。アンタさぁ…ナース好きなの?」

想「…………はぁ!!?????」

風「アンタのベッドの上にDVDあったからさ。」

想「!!なんで勝手に入っ…いや、あれは俺のじゃ……。」

風「どう考えてもアンタのでしょ。まぁそんな気にすることないよ。中学生なんてそんなもんでしょ?」

想「…じゃなくて……友達が勝手に…。」

風「だ〜か〜ら気にすんなって。エロに興味ない中学生のほうが気持ち悪いって!!
あ、一応18歳未満だからそのへん気をつけてね。
姉ちゃん心が広いんだぞ〜ぅ。」

想「¥$#*!!」

ダダダッ!!

バタン!

風「……行っちゃった。

思春期は難しいねぇ。」



美「…あれ?想太帰ってきたんじゃないの?
またどっか行っちゃった?」

風「たぶん見えない明日に向かって走っていったんだと思うよ。」

美「???」


第6話 完


| 水野さんと水野さんと水野くん | 12:41 | comments(0) | trackbacks(7) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第5話
080412_0636~0001.jpg
《前回の続き》

智「ところでこの犬さぁ、首輪もリードも付けてないけど…」

美「首輪なんてとんでもない!犬も人間も同じひとつの命!天の下に平等でしょ!ましてやリードで繋ぐなんて……。」

智「そう…かな…。わからなくもないけど…美琴の中では“飼う”っていう言葉の認識が人と違うんだね。
でも…大丈夫なの?散歩中にどっか行っちゃったりしないの?」


ダッ!!

美「あ!!待って!!〇〇〇!!そっち行っちゃダメ!!〇〇〇ーー!!!もう!」

タッタッタッ!

智「………ダメじゃん。」


《5分後…。》

美「はぁ…はぁ…はぁ…ぜぇ…ぜぇ…ぜぇ…はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…ぜぇ…ぜぇ……ゴホッゴホッ!
つか…まえた…。」

〇「$$¥…。」


智「大変だね。
もしかして…毎日こんな感じ?」

美「…(うなづいて)…認めたくないけど…。」

智「美琴が必死になってる間に買い物済ませちゃったから、とりあえず私は帰るけど、最後にひとつ訊いていい?」

美「はぁ…はぁ……ほえ?」

智「美琴ともげぞうは首輪も付けたくないくらい平等だと思ってんだったらさ、美琴ももげぞうみたいに裸になるべきだと思うんだよね」

美「……。」

智「どうよ?」

美「…私は…どうすればいいんでしょうか…。」

智「うん、とりあえずその無茶なキャラ設定をやめたらいいと思うよ。」



第5話 完



| 水野さんと水野さんと水野くん | 06:41 | comments(3) | trackbacks(3) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第4話
080409_0614~0001.jpg
《ナレーション》
日曜の午前、美琴は愛犬を散歩させていた。


美「♪ふんふ〜ん 今日はお天気光合成〜 けれど私には葉緑体がないの〜♪」


?「あ!美琴〜!!お〜い!」

美「!…お〜、智ちゃん!お出掛け?」

智「うん、ちょっとコンビニ行くだけ〜♪美琴、犬飼ってたんだ〜。」

美「面白い顔してるでしょ〜♪」


《ナレーション》
この友人は水野智(とも)。
中学・高校と同じだが、仲良くなったのは高校に入って同じクラスになってから。同じ名字なのでお互い意識はしていたようだ。
これといって特殊なキャラ設定はない。


智「この子名前はなんていうの?」

美「〇〇〇っていうの。変わった名前でしょ?」

智「…え?」

美「〇〇〇。」

智「……え〜っと、ゴメン、もっかい!」

美「〇・〇・〇。」

智「……“もげぞう”でいい?名前。」

美「えぇ!?なんでよ〜ぅ?」


《ナレーション》
説明しよう!美琴の愛犬“〇〇〇”という名前は、特殊な発声法、周波数によって発せられており、常人には理解できない。発声・理解できるのは今現在地球上では美琴とその家族のみ。
ちなみに“〇〇〇”は、どこかの星のとある地域では、この世のものとは思えない卑猥な言葉を意味する。

智「もげぞう!お手!」

〇「¥#*!!」

智「それはゲッツ!でしょ。しかも変な鳴き声…。変わってるねこの犬。」

美「そうかな…。あんまり意識したことないけど。」



第4話 完


| 水野さんと水野さんと水野くん | 18:12 | comments(2) | trackbacks(3) | -
『水水水(略)』について
…さて、突然何の前触れもなく始まった『水野さんと水野さんと水野くん』(略して『水水水』、“みずさん”と読む)。
なにやらイタい雰囲気がぷんぷんしますが、私の狙いはオタクから(脳内で)金を巻き上げることです。
今後、(脳内で)単行本発売、(脳内で)グッズ販売、(脳内で)キャラクターソングリリース、(脳内で)ドラマCDバカ売れ、最終的にアニメ化を(脳内で)目指します。

金の使い方を間違えても、なお誇りを持ち続けるオタク達!

オラに現金を分けてくれ!!


銭じゃ!銭じゃ!
080409_0322~0001.jpg
↑キャラクターグッズ案

あとは100円ショップのマグカップにイラストを加えて700円ぐらいで売ったり…。

| 水野さんと水野さんと水野くん | 05:46 | comments(4) | trackbacks(6) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第3話
080409_0402~0001.jpg
ちわっ!想太ッス!

妹が欲しくてたまらない末っ子ッスよ!
バリバリ中二病!!
毎日悶々としてます。
痴女に遭いたいッス!


で、そこの君に質問なんだけど…

仮に…仮にだよ?ありえないってのはもちろんわかってんだけどさ…
新垣結衣と堀北真希が同時に交際を申し込まれたらどうする?だから仮にだって!…え?俺?…迷ってるから訊いたんだけど…そうだなぁ、顔はガッキーの方がタイプなんだけどさ!でも真希ちゃんの大人しい感じがたまんないんだよな!!守ってあげたくなっちゃう…みたいな?あとガッキーは俺より背高いんだよな。そこは俺的にマイナスなわけよ。つってもガッキーが単独で付き合ってくれってなったら身長なんて関係なく付き合っちゃうけどね!で、最初のデートは……」




第3話 完


| 水野さんと水野さんと水野くん | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
水野さんと水野さんと水野くん 第2話
080409_0350~0001.jpg
どーも、長女の風香です。

大学行ってます。
下にJK(女子高生)とDC(男子中学生)がいます。

ちなみに私は軽い腐女子です。
WaTの二人はガチでデキてると思います。

あ、妹が来たのでちょっときいてみたいと思います。


風「おーい、JK!」

美「…確かに私は女子で高校生だけど…何?」

風「WaTの二人ってさぁ、どっちから告白したと思う?やっぱウエンツ?」

美「………交際は決定事項?」



第2話 完



| 水野さんと水野さんと水野くん | 05:10 | comments(0) | trackbacks(3) | -
| 1/2PAGES | >>